早漏に悩む僕を助けてくれたダポキセチン|通販で手に入れた宝

早漏防止薬に含まれるダポキセチン

男性の性交渉時の早漏対策として早漏防止薬という薬があり、ダポキセチンを主成分とした早漏防止薬はヨーロッパでひろく認可され、現在では早漏改善効果の実証を得てヨーロッパにかぎらず世界中で認可、認知をされています。

今までは早漏の「特効薬」は存在しませんでした。
しかしダポキセチンは抗うつ剤に使用される成分と同じ働きをしていることから、元うつ病患者やダポキセチンを服用していた患者からの「射精が遅くなる」という報告が数多くあることに着眼点をおき、早漏防止薬への開発に用いられるようになりました。
早漏を防ぐ成分に含まれるダポキセチンはセロトニン(脳内で作られ精神を安定させるホルモン)の放出を促しながら、末端神経にセロトニンが吸収される工程をダポキセチンが妨害することにより、脳内の興奮を鎮めるセロトニン濃度を上昇させることで、敏感になりすぎた脳の興奮を一定に抑えることで性交渉時に男性の早漏を防止する作用を持っています。
治験での結果では射精までの継続時間が服用前の約3倍も長くなり大きな効果と満足感が期待できるといわれています。

海外では国内で販売されていない薬が低価格で数多く販売され、このダポキセチンを含む薬は日本国内では販売はされておらず、ダポキセチンを含む早漏防止薬を購入するには医療機関にて医師の処方が不可欠です。
しかしいざ医療機関で処方をしてもらうことが出来ても、保険適用外の為にある医療機関では1粒3000円ととても高額で販売されています。
これではどんなに早漏を改善したいと考えていても、易々と継続的に手が出せるものではありません。

しかし今では性交渉の都度、病院に出向き、高額な支払いをすることなく、数多くのインターネット通販に海外から販売されているので、個人輸入を利用して簡単に、そして安全に通販で購入することが可能です。

今までに販売されたことのない「早漏改善薬」は今後も世界中で続々と認可が進むことが予想され、パートナーとのコミュニケーションに役立っていくものだといえます。